葬儀をする場所

かつて、葬儀をする場所と言ったら自宅が一番でした。
それが時代の移り変わりとともに、葬儀社のホールで行うことが今や主流です。

ですから、葬儀を自分たちで行うDIY葬において、葬儀を行う場所を確保することは難しい課題でもあります。

一番良いのは、自宅でできることでしょう。
昔は自宅で、通夜・葬儀をやっていたのですから、いくら自宅が狭いとはいえ、やってやれないことはありません。

自宅以外での葬儀が増えた要因はここにもあります。
つまり、自宅で葬儀をやりたくない、という人(とくに主婦)が増えたので、代わりに葬儀社がそこまで執り行うことに なったのです。

DIY葬と言っても、もともとは自分たちがやっていたことを、再び自分たちでやるということでもあるので、面倒を いとわなければ、葬儀に関しては、十分やれるでしょう。

葬儀社以外で葬儀ができる場所、ということで、この『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』では、区民会館の利用を 提案しています。

そうなんですよね。けっこう、公営の施設って、冠婚葬祭に利用できることがあるので、それを利用しない手はありません。
公営ですからとにかく安いです。ただし、葬儀屋さんの至れり尽くせりのサービスはもちろんありませんが。
葬儀の料金が高いというのは、それだけ葬儀屋さんのサービスが行き届いているという面もあるのですよね。

DIY葬のまとめとポイント
まとめとポイント


           PR                            PR