葬祭費(7万円)だけでどこまでできる?

立派な葬儀をあげたいのはやまやまだけど、お金がない、お金がまったくないという場合は、 これはもうささやかに葬儀を行うより仕方ありません。

以前に出てきたDIY葬の話は、 葬儀にお金はかけられないのではくて、葬儀屋が嫌いだから、葬儀屋ナシでやってくれ、という無謀な(?) お願いによるものでした。

しかし、今回は、お金がない時は、どうしたらよいのか?という切実な、そして、現実的な問題です。

こちらの本『葬式プランナーまどかの お弔いファイル』においては、それを葬祭費7万円で解決しよう、 つまり、7万円で葬儀をしよう!と言っているのです。

まぁ、物語なので、ちょっと実現するには難しそうですが、参考になるところもありますので、みていきましょう。

【貞道は妻の横に正座して、てきぱきと体の処置をする川島まどかを見ていた。】

今は、区役所の職員になっている主人公の川島さんがご遺体の初めの処置を“ボランティア”で行っています。
もう、この時点で、ちょっとずるい気がするのですが…。

【「そこの魚屋さんから、ドライアイスをわけてもらいました」】

遺体を腐敗させないために、ドライアイスは必需品です。葬儀屋さんに頼むと、7000円くらいは取られるでしょう。
また、こちらのケースでは自宅死であったため、病院からの搬送代がかかっていないのが大きいですね。
※ただし、自宅死は、それはそれで面倒なケースもあります。

【「それでは、この自宅でお別れを済ませて、火葬をしましょう。火葬予約の状況を聞いてください」】

東京の民間火葬場は、一般の人が予約できないという話もありますので、注意が必要です。
でも、たいがいの自治体であれば、死亡届の提出も火葬場の予約も一般の方でもできます。
つまり、その分、葬儀社に手間賃を払っていた(いる)ということです。

【「車は頼むしかないとして、問題は棺ですね」】

火葬場までの搬送はさすがに車でないと難しいでしょうね。家にリヤカーでもあれば可能でしょうが。
棺も用意をしないと、火葬させてくれない火葬場が多いようですから、絶対に必要です。

川島さんは、ネットで棺を注文しました。

価格は、通常価格53,000円の棺が、おどろきの80%オフで10,600円!!だそうです。
注文した棺は、翌日の夕方には届くそうです。
たいした世の中になりましたね。

また、遺影も同じように、ネットで注文できます。


5万円でできる葬儀


           PR                            PR