分骨と成仏

分骨(遺骨をわけて供養すること)の際に、意外に問題になるのが、

分骨して、成仏できるのか?

というものです。

まぁ、成仏できたかどうかは、ご本人に聞かないことには、わからないでしょうが…。

成仏できないんじゃないか?という、このような発想も、仏教的な見地から来ているのならば、理解もできるのですが、 これはどうやら、世俗的な発想で、「バラバラは可哀そう」というところから来ているようです。

同じような例は、「友引にお葬式をするのは不吉」や「通夜や葬儀のあとは塩をふる」ということにも言えます。
これらのことは、まったく仏教(宗教)とは無関係の民間伝承です。


【「それどころか、お釈迦様のお骨は世界中に散らばっているんです。
亡くなった後に、特に熱心だったお弟子さんたちが分けて持ちかえって、仏舎利とあがめて、塔まで建てた」】

こちらの『葬式プランナーまどかの お弔いファイル』では、このように言うとよいでしょうと提案しております。
確かに、仏教の大本尊であるお釈迦様が分骨されているのですから、私たちがそれで成仏できないはずはありません。

また、この本でもあるように、分骨自体が反対なのではなくて、分骨をするにも、ひと言声をかけてくれなかったことへの 不満の声という側面もあるようですね。

故人はあなたにとってもそうですが、みんなにとっても大切な存在には変わりないのですから。


アフター葬のまとめとポイント


           PR                            PR