直葬のまとめとポイント

まず直葬は、人の死後、最低限のことを行う葬儀です。
お金も手間暇もかからず、「葬儀は簡素に」と考えている方には、うってつけの葬儀です。

ただし、注意すべき点もあります。

1 お墓の問題
火葬場で火葬をすませた後、遺骨をどうするのか?
たいていは、家のお墓に納骨するでしょう。
その時、お寺にお墓がある場合は、少し面倒なことになるので、注意が必要です。

2 弔問客の対応
人はお世話になった方の死を「弔いたがる」ものです。
故人が葬儀は簡素にしれくれ、と言っても、周りの人間がそれを許さない場合も多々ありますので、注意が必要です。



1 お墓の問題
→お寺のお墓に納骨する場合は、事前にお坊さんに相談しましょう。
本人(故人)は直葬を希望していたとしても、お坊さんの読経のある火葬式などに、少しだけランクアップするのが 無難な選択かと思われます。

2 弔問客の対応
→後日、お別れ会を開く。
これは今流行りつつある形式のものです。
葬儀は直葬や火葬式ですませ、後日、あらためて「お別れ会」という形で故人を弔うのです。

そもそも、「お葬式を簡素に」と願っている人たちは、豪華すぎる祭壇や無用な香典などが不必要と感じている方が多い だけで、決して自分の死を悼んでくれるな、と言っているわけではありません。

ですから、後日、お葬式とは違った、もっと華やかなパーティーで、あらためて故人を送ってあげるのです。
それならば、故人も納得するでしょうし、むやみやたらと弔問客に煩わされることもありません。

アフター葬
骨まで愛して


           PR                            PR