直葬の問題点はここ

費用もかからず、故人の思い通りに直葬や火葬式を無事に行うことができた…と、ホッと一息つく頃に、 直葬の問題点が持ち上がってきます。

これは、直葬を行われたご遺族が口をそろえるようにして言う言葉です。

弔問客の対応に、ものすごく疲れた…

もちろん、弔問客は故人を偲んで、弔問に来てくれているので、本来はありがたいものです。
一般的な葬儀の場合でも、通夜・葬儀に出られなかった人や、うっかり故人の葬儀情報を見過ごしてしまう人がいて、 後日、弔問に訪れるということはあります。

直葬した際に、故人があまりに高齢で、世間とあまり交友がなかったという場合ならば、直葬に親族は出ているわけですから 後日、弔問客がごったがえすということはないでしょう。

しかし、この本『葬式プランナーまどかの お弔いファイル』のように、故人がまだ若かった場合の直葬の場合は 大変です。

【弔問客はひきもきらない。ありがたい話ではあるが、正直な話、辟易した。
あくまで故人の希望で出来る限りのことをやったのだが、死を知った人たちは皆、言葉は変だが「弔いたがる」 のであった。】

人間というものは、優しい性格なのか、そういうことが好きなのかわかりませんが、人の死を悼みたい、という方は けっこういます。
そして、喪家との思いとは裏腹に、自分の弔意を香典に込めないといけないような気になっている人も多数います。

※香典につていの話はこちらがよいですね
香典の相場

直葬や火葬式、または規模の小さなお葬式をあげる際に注意しなければいけないことは、故人の人付き合いの度合いです。

かなり高齢か、かなり人付き合いが淡白だった方なら、直葬や火葬式などの小さなお葬式でもよいでしょう。

しかし、人並みの世間の付き合い、または仕事などをしていれば、故人の死を知れば、その死を「弔いたい」という 人は少なからず出てきます。
そのことも考慮に入れて、直葬や火葬式などを選択肢の1つに加えるべきです。

直葬のまとめとポイント
まとめとポイント


           PR                            PR