葬儀とお墓

葬儀とお墓
一見すると、あまり関係ないような気がしますが、ちょっと注意が必要です。
とくに仏教徒の家の方、そして、家のお墓がお寺にある方は、気をつけておかないと後々面倒なことになるかもしれません。

お葬式とは、死者をこの世からあの世へと送りだす儀式でもあります。
※無神論者・無宗教者の場合はのぞく。
仏教の場合、その時に戒名をつけるのが普通です。(浄土真宗は法名)

戒名は、死後の名前であるだけでなく、家のお墓に入るためのパスポートでもあるのです。
パスポート?そんな馬鹿な!?と思われる方が多いかと思いますが、これは葬儀や戒名を巡るよくあるトラブルの1つです。

もし、戒名をつけずに、つまり、お坊さんを呼ばずにお葬式をあげ、遺骨を持ってお寺さんへ納骨をしに行ったらどうなると 思いますか?
「あぁ、よく来てくださいましたね。え、戒名ない?そうですか。まぁ、いいですよ」…ということには、絶対、なりません。

※戒名に関してはこちら → お助け戒名ドットコム

まず、自分(お坊さん)を葬儀に呼ばなかったこと、呼ばないまでも相談もなかったことをなじられるでしょう。
そして、散々お小言(文句)を頂戴した後、お経をあげ、戒名をつけ、納骨することになるかと思われます。
※もちろん、そこには読経料+戒名料が発生します。
※※残念ながら、お寺にとって、檀家さんが亡くなった時が一番の儲けとなり、また、それは貴重な収入源なのです。

ですから、いくら本人(故人)が「葬式はいらん!」と言っても、お墓次第ではかえって困ることになるので、 その辺の事情は十分に考慮する必要があります。

逆に言えば、お寺以外のお墓に納骨(または散骨)する場合は、このような心配はありませんから、直葬でも 火葬式でも自由にできることになります。


直葬の問題点はここ


           PR                            PR